さくほの場合は。

ほどよい田舎佐久穂町。移住のリアル。

ブログの案内板

このブログは、佐久穂町で暮らす様子をただ漫然と記しています。なので、移住したい、観光したい、という目的をもって訪れた方には大変使いにくいものかと思います。そんな方のために案内板をたてました。

 

以下のようにカテゴリ分けしていますので、以下をご参考にカテゴリを選んでご覧ください。

①移住のための便利手帖

生活スタイルのこと、光熱費のこと、カルチャーショックのこと、よくある質問など。佐久穂町にくる前に知っておいたほうがいいことや、知っておいて欲しいことを書いています。https://sakuhodekurasu.hatenablog.com/archive/category/%E7%A7%BB%E4%BD%8F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E4%BE%BF%E5%88%A9%E6%89%8B%E5%B8%96

②さくほのお出かけ

佐久穂町および近隣のお出かけ情報、町ブラ情報。佐久穂町に来たいけど、どこに行ったらいい?近場のおすすめは?という方に。

https://sakuhodekurasu.hatenablog.com/archive/category/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%81%BB%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%91

③寒さの心得

寒冷地である佐久穂町の寒さを乗り切るためのハウツー。失敗する前に読んで欲しい。

 https://sakuhodekurasu.hatenablog.com/archive/category/%E5%AF%92%E3%81%95%E3%81%AE%E5%BF%83%E5%BE%97

④協力隊の仕事

移住セミナーや移住者の佐久穂ごはん会など告知モノがメインです。

 https://sakuhodekurasu.hatenablog.com/archive/category/%E5%8D%94%E5%8A%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B

その他は以下。

 

・集落の人との触れ合いについて「大日向での暮らし」

https://sakuhodekurasu.hatenablog.com/archive/category/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E5%90%91%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97

・一番記事が多く、もはやメインの「さくほの食」

・家庭菜園初心者と集落の人でつくる「さくほの畑」

・「このブログについて」

目的に合わせておつかいください。

ありがとうございました!

協力隊の任期が終わってから1ヶ月が経ちました。相変わらずハーブの畑や、宿の仕事をやりながら生活を整えています。役場からの依頼で、移住相談員として、この一年も移住相談や空き家の相談にも少しだけですが対応していくことになりました。したがって、しばらくの間このブログは消さずに置いておきます。それぞれの御用途でお役立ていただけたらと思います。

 

更新については、区切りですのでこれで終わりにします。始めた当初、閲覧数一桁から、平均して毎日50人ほどが閲覧してれるブログに成長しました!読んでくれているみなさんの顔は見えなくても、とてもとても励まされておりました。私のキャラクターのせいなのか、直接ブログ読んだよ!と言われることはごく稀だったのですが、周りの皆さんも温かく見守っていてくれていることも薄々感じながらの更新でした。人の反応を気にせず、日々の思っていることを等身大の表現ができる場。

まったく、人生においてブログをやる日が来るとは思いませんでした。人生初ブログ、これにて完!と致します。ありがとうございました

活動報告

三年間の任期が終わりました。活動報告を役場のホームページに掲載しましたので、興味のある方は以下のリンク先の私の名前のところから報告書をご覧いただけます。

https://www.town.sakuho.nagano.jp/oshirase/kakuka/sogoseisakuka/sogoseisakuka_293.htmlf:id:sakuhodekurasu:20210412182302j:image

 

桜の美しいマルト坂。

残したい風景があちこちにあります。

 

 

 

 

 

大日向ラン

ひさしぶりの暖かな雨。しかしまだマイナスが消えることはありません。実家近くの桜並木が見たいなあ。笑

f:id:sakuhodekurasu:20210320212555j:image

昨日は大日向ランニングに誘われて参加してきました。5区から1区の古谷ダムまで片道8キロ。私は自宅から参加しましたので、だいぶショートカット。2019年の台風災害後から、訪問などを続けている社協の支え合いセンターのメンバーからの発案でスタート。

f:id:sakuhodekurasu:20210320212218j:image 

19号台風による土砂崩れで全壊して取り壊された家の跡に、土の中からクロッカスが顔を出していました。なんだか感慨深い。道中春をたくさん見つけました。

f:id:sakuhodekurasu:20210320212508j:imagef:id:sakuhodekurasu:20210320212514j:image

f:id:sakuhodekurasu:20210320213359j:image

お彼岸中日。あちこちで、お墓参りをする姿を見かけました。お墓や、祠、神社などは、被災を免れたものがほとんどで、先人たちの知恵を感じます。

空き家情報(売り物件)

さくほde暮らす | 空き家情報 物件67(大地沢)

 

こんな空き家が出ました。大日向です。

集落の中ではなく、大日向にある別荘地として開発されたエリアです。

 

また、以前から公開されていたかさなり区の家がディスカウントしております。

さくほde暮らす | 登録番号39 かさなり

よろしければ。

里山散歩

f:id:sakuhodekurasu:20210304144206j:image

黄色いピカピカの福寿草。ラジオを聴いていたら、野草の話が流れていました。花ない時期に咲く野の花は、虫に見つけてもらえるように黄色い色をしているのだとか。福寿草、山茱萸、はまさに。

f:id:sakuhodekurasu:20210304161204j:image
f:id:sakuhodekurasu:20210304161200j:image
f:id:sakuhodekurasu:20210304161207j:image

今日は山の様子を知りたくて、少し山の方を歩いてきました。戦後の食糧難の時期に開拓して、農地を作った場所も近年では、耕作できなくなった土地も多い。雑木が生えて、蔓性植物が絡まり、細い木が倒れてひっちゃかめっちゃかな場所もある。人の手が入ることで保たれてきた里山は、人の手が入らなくなったからといって簡単に自然には還らない。そこに風で飛ばされてきたビニールマルチが木に引っかかっていたり、車で来た人が捨てたゴミがたくさんあったりする。

山林を維持管理するのは、本当に大変だというのも聞きます。60代の人でさえ、自分の家の山林がどこにあるのかもうわからないという人もいる。昔は自分の家の山林以外で、焚き付け用の薪を拾ったり、家畜用の草をとると怒られたなんて時代があったそうですが、生活が山と密着したものではなくなった今、どうしていったらいいんだろう。よそものがあれこれ言えないですが、なんだか少し引っかかりの残る散歩でした。

 

帰ってきたら家の前の通行止めが解除され、新しくコンクリートが敷かれていた。

f:id:sakuhodekurasu:20210304195802j:image

f:id:sakuhodekurasu:20210304200151j:imagef:id:sakuhodekurasu:20210304202704j:image

↑2019.10.13災害発生直後
f:id:sakuhodekurasu:20210304200146j:image

↑2019.11.12 災害から1ヶ月後
f:id:sakuhodekurasu:20210304200154j:image

災害から1年と5ヶ月。崩れ落ちた家の前の道路と堤防が修復されて通れるようになりました。剥き出しだった水道管や下水も本管につながった模様。畑ハ開発のみなさん、ありがとう。

自然の力と、人間の力。いろいろ考えた散歩でした。

あとひと月

先週のある日。夕方5時で+1℃。朝方は-11℃。今日は昼間+14℃。いやはや、気温のアップダウンが激しすぎてついていくのが大変です。明日なんて1日の気温差20℃。

f:id:sakuhodekurasu:20210301193852j:image

f:id:sakuhodekurasu:20210301190402j:image 

今日から三月。協力隊終了までひと月となりました。ハーブと宿というベースのスタイルは変わらないとはいえ、引っ越し先も決まりなんだか落ち着かない日々です。活動報告は報告でまとめていますが、今日は終了にあたりふと心細くなったことを。それは仲間の存在。

 

私は、基本的にこの町での悩み(特に人間関係)はこの町の人には話せないと思っています。狭い世界なのでね。しかし、そのことで悩むことがとてつもなく多い。苦しいけど誰にも話せないぜー、となる。そんな時、協力隊という立場ゆえに共感できる部分のある仲間には、話すことができたりします。たまたま役場で顔を合わせたり、打ち合わせの前後で雑談したり元気になれる時間です。かといってわざわざ相談にのってくださいというものでもない、雑談ベースで気持ちを吐き出せる場所が孤独感から救ってくれたりするものなのです。

f:id:sakuhodekurasu:20210301192009j:image

他の地域では、採用された協力隊が1人しかいなくて相談相手がいなかったり、複数人いても相談できる関係性にはないと聞くことがあったりします。

私たちは活動内容も、バックボーンも、性格も何もかも異なるメンバーですが、この人たちがいて本当に良かったなと思っています。四月以降、誰かしらお店をやっていたら、行けば会えるのですが、みんなそうではないのでね。どうやってゆるく繋がっていけるかなーと思っております。

とある日のお茶請け

 

f:id:sakuhodekurasu:20210223084117j:image

大豆煮と、紅芯大根の酢漬け。

この日は明治元年のお宅を見せてもらい、梁や柱の太さに圧倒されました。やはり使う木材が今とは全然違いますね。今だったらこんな贅沢に木を使うことはできないだろうな。私の住んでいるyamaniは築90数年?らしいのですが、梁の太さや、「中の間」という見慣れないスペースがあったりして、やはり150年越えは全然違う。今は空き家となっているこの家。これだけ立派な家ですが、すぐに住むのは難しい。

f:id:sakuhodekurasu:20210223090219j:image

 

マスクつけたり外したりですが、こうやってお茶飲んでけ〜と言ってもらえるようになったのは嬉しいですね。

f:id:sakuhodekurasu:20210223085429j:image

こちらはまた別のお宅。大日向イチ料理がうまい(と私が慕っている)奥様の、鉄砲漬け。白瓜に牛蒡人参茗荷紫蘇などを入れる漬物。生野菜が減るこの時期は、こんなふうに漬物を食べてきた知恵。プルーンの甘露煮もこうして1年間保存して、まだまだ美味しく食べることができる👏

 

春らしい日が続いていますね。春はやっぱり味噌仕込み。いつも3月末か4月はじめなのですが、引っ越しもあるのでいつしようかなと考え始めています。

f:id:sakuhodekurasu:20210223085524j:image

f:id:sakuhodekurasu:20210223090452j:image

もらった豆潰しのデビュー戦。